会報 秋田近代史研究 第171号

2016春期研究会のお知らせです

◇日 時: エリアなかいち にぎわい交流館AU 研修室3(4階)

◇会 場: 秋田市中通1丁目4番1号 ☎018-853-1133

◇研究会テーマ: 秋田の史料保存利用運動-過去・現在・そして未来へ-
研究会日程
10:00~12:00 総会・会計報告・情報交換

12:00~13:00 昼 食 13:00~14:00 報 告①  司会 高本明博氏

柴田知彰氏 「昭和戦後の史料保存利用運動と山崎真一郎」

概要 昭和戦後の史料保存利用運動は、第1期の史料散逸防止と保存を経て、第2期の文書館設 立運動の展開に進んだ。秋田県では昭和25年の県庁書庫における「出羽一国御絵図」再発見 を契機に、県所蔵の古文書及び古絵図、近代県庁文書の保存修復が進められた(第1期の運 動)。そして昭和30年代には、20年代に整備した上記の史料を基礎に県史編纂事業が始まり、 さらに秋田県立史料館の設立計画が具体化した(第2期の運動)。これらには山崎真一郎が深 く関与していたが、同期に黎明期の文書館設立運動が持っていた問題点も見られる。

14:10~15:10 報 告②  司会 柴田知彰氏

高橋務氏・伊藤寛崇氏 「全史料協全国(秋田)大会参加報告」

15:20~16:30 意見交換・討論

16:30 閉 会

Dropbox - 会報171号(2016.05.01).pdf